広島県スポーツ吹矢協会

新着情報

六段が語る私とスポーツウエルネス吹矢 2021年11月1日

東広島やよい支部 宇吹悦子

2009年太極拳の教室で、仲間が吹矢の実技を見せてくれました。
その時に、「吹矢を始めて、痩せた人がいるよ!」と言われ、
私はその言葉に、「そうか、吹矢をするとダイエットできるかも?」
と思い、その場で入会を申し込みました。(呉焼山支部)

入会1か月後、第2回広島県大会(尾道)に出場しました。
右も左もわからないような時期にも関わらず、「優勝を目指すぞ!」
と意気込んで参加しました。
たった1か月の経験で優勝できるはずがなく、思い上がった気でいた
自分を恥ずかしく思いました。
しかし、そこでやる気に火が付いて2つの目標を立てました。
 
 
目標1:参加可能な大会は全て参加する!
大会は、県内、中四国、近畿、北陸、関東、山形、ハワイ等たくさん参加しました。

大会では可能な限り懇親会にも参加しました。
私は全くお酒が飲めませんが、宴会の雰囲気が大好きです!!
「悦子さんは、ウーロン茶で酔える!」とよく笑われています。

大会、懇親会に参加を重ねていくうちに、たくさんの吹矢友達が出来ました。
吹矢をしていなかったら、絶対に知り合えなかった方々と友達になれたのです。

今はコロナで会えないけど、以前のように大会が出来る様になったら皆さんと会いたいです。
 
 
目標2:最短で五段位を目指す!
2級位から二段位までは順調に合格できました。
ところが、三段位試験の時は背中に鉄の棒が入ったかのようにカチカチに緊張してしまって、不合格。

四段位、五段位の時はなぜか落ち着けて合格できました。
五段位試験では、私の吹矢試験史上最高得点(194点)で合格できました。

今、振り返ってみると、五段位試験を目指していた頃は、本当によく練習をしていました。
毎朝、仕事の前に1時間半くらいはしていました。
 
 
長~い長~い道のりの六段位

六段位は本当に遠かった!!
五段位合格後、一次、二次の五段位維持試験は順調に合格し、
最初の六段位試験は、大阪で受験しました。
前日の練習では、パーフェクトが複数回出て190点を超え、意気揚々と試験会場に向かいましたが、合格できませんでした。
以後、長~い長~い六段への道が続くことになります。
  
年1回開催される六段位試験を受験するために、大阪、東京と毎年受験会場を変えて挑戦し続けました。
何回落ちたかも覚えていません。

その間、Aライセンス試験も受験しました。
これも複数回不合格に。
全て実技試験で合格点が取れませんでした。

Aライセンス試験を受験する度に、規定集は本当によく読み込みました。
教育部推進委員に任命された時は、その学習が大いに役立ちました。

Aライセンス、六段位試験ともに何回も不合格だったのに、よくもあきらめず挑戦し続けたなと、当時を懐かしく思い出します。

■ 第三回高知県大会

活動の記録

一覧