広島県スポーツ吹矢協会

大会の開催について

第11回スポーツウエルネス吹矢広島県大会 報告 2019年7月1日

Ⅰ. 概 要

2019年6月16日(日)、昨年11月に 耐震補強 ・老朽改修工事された呉市体育館(IHIアリーナで 第11回スポーツウエルネス吹矢広島県大会を開催しました。広島県内の支部、カルチャースクール他から221 名が参加して熱戦を繰り広げました。開会式には、新原呉市長が出席され、スポーツウエルネス吹矢広島県大会の開催についてお祝いの言葉をいただ きました。また、 市は 今年で「呉鎮守府」開庁 130 年となり、さまざまな記念イベントを開催しています。この機会に是非 呉市にお越しくださいとの話があ りました。大会は成績を競うだけではなく、特別賞 として80 歳以上の参加者9名への記念品授与、呼気圧測定コーナーの設置等 、思い出に残る 大会 になりました。

Ⅱ. 大会の様子

競技に先立ち、荒木(音戸清盛支部)さんによるスポーツ吹矢体操、菅原(呉焼山支部)大会実行委員長による開会宣言と宇吹県協会長の開会挨拶、新原呉市長の来賓挨拶、ジュニアの部参加者の上谷(広まちづくりセンター)さんによる選手宣誓、県立広島大学 狩谷准教授から、スポーツウェルネス吹矢の健康効果(呼気圧に表れる効果)の説明などがありました。

競技開始に先立ち、ステージで新原呉市長による始矢式が行われました。始矢は見事に的の風船に命中し、「祝 第11 回広島県大会」の垂れ幕が降りてきました。これには、新原呉市長も驚かれるとともに大変満足そうでした。今大会には「ジュニア選手」が3 名参加し、一般選手と一緒に競技しました。「ジュニア選手」は、吹く動作、姿勢もしっかりしていました。

競技では、男女個人戦6mの優勝者は200点越えの成績で優勝、また、各組のラウンド終了後にはパーフェクトの連呼が続き、達成者は予想を上回る44名となりました。表彰賞品等として、パーフェクト賞には「交換用的」、ジュニア選手・支部対抗優勝チームには「記念品」、個人戦表彰者・入賞者には「矢ほか」が、特別賞として80歳以上の参加者9名に「記念品」を贈呈しました。

閉会式では、寺本・中国ブロック長の講評、次回大会のしょうばら敷信支部 須原実行委員長の挨拶、木原(音戸清盛支部)大会実行副委員長が閉会宣言を行い終了しました。

Ⅲ. 成 績

今回は得点の集計作業に手間取り大変ご迷惑をおかけしましたが、10m 男性の得点集計作業において入力誤り等が判明いたしました。表彰式はすでに終了しておりますが、訂正をさせていただくことになりました。表彰順位が変更になった皆さまにはお詫びを申し上げるとともに、賞状、副賞、敢闘賞を進呈させていただきます。大変申し訳ありませんでした。

Ⅳ. 表彰式

Ⅴ. スポーツウエルネス吹矢の健康効果の研究:呼気圧の測定

スポーツウエルネス吹矢の呼吸法(腹式呼吸)と健康効果について、会場内に呼気測定コーナーを設置し、競技者の呼気圧を計測しました。今後も研究に協力していきたいと思います。

活動の記録

一覧