広島県スポーツ吹矢協会

私とスポーツ吹矢

【私とスポーツ吹矢】しょうばら敷信支部 2019年6月5日

ぼくは、スポーツ吹矢を小学校1年から初めて、もうすぐ5年になります。始めたきっかけは、兄が「総合的な学習」の授業でスポーツ吹矢の体験したことです。その話を家で兄から聞いたとき、「おもしろそう、やってみたい」と思いました。そこで、兄が体験させてもらった、しょうばら敷信支部に入れてもらい、兄と一緒に始めました。
パーフェクトをとれた時や、一本勝負で一番になった時は、とてもうれしくて楽しい気分になれます。1や3になる時もあってくやしいです。ぼくは歯のきょう正のそう具を着けていた時があって、その時は歯も痛いし、思うようにできなくてくやしかったです。今は大きいそう具から小さいものになって、歯がいたくないので、またがんばっています。4年間も続けると、毎週練習に行くのが習かんになっていて、練習が休みの時でもまちがってあわてることがたまにあります。気を付けているのは動作です。ぼくはいつも「早い」と言われるので、上手な大人の人のやり方を見て、ゆっくりするようにしています。ぼくの今年の目標は190点台です。目標を達成できるようにがんばります。

しょうばら敷信支部 庄原市立板橋小学校 5年 阿(あ)舎利(ぜり)晴真

活動の記録

一覧