広島県スポーツ吹矢協会

私とスポーツ吹矢

【私とスポーツ吹矢】東広島やよい支部 2018年9月1日

「ダイエットに いいらしいよ!?」
10年前、太極拳の仲間からの一言に、飛びついた私。
吹矢を始めるきっかけでした。
約10年間バトミントンをしていました。
腰や首を痛めて、ほかの運動を探していた時期でもありました。
呉焼山支部で早川さん(故人)に体験会を行っていただいたとき、7点にたくさん命中。
楽しくて、嬉しくて、即入会しました。

入会後、3つの目標を決めました。
①最短で昇級、昇段に挑戦する
②公認指導員等のスポーツ吹矢の試験に挑戦する
③参加できる大会には可能な限り参加する
入会1ヶ月後に開催された第1回広島県大会を手始めに、呉地域大会、青柳杯大会、
全日本大会、四国、関西各府県、静岡、山形、ハワイ等各地の大会に参加させていただいてます。
大会への参加は、競技はもちろん競技後に行われる懇親会は、もっと楽しいです。

私は、お酒は全く飲めません。
私の特技は、「ウーロン茶で目いっぱい酔える?」盛り上がれることです。
スポーツ吹矢を通じて、全国にたくさんの友達が出来ました。
スポーツ吹矢をしてなかったら、決して出会うことのなかった方達。
この方達との語らい、本当に楽しくて、人生を豊かにしてもらってます。

上級公認指導員の資格認定試験にも挑戦し、認定を得ました。
「その人、その人に応じた指導が出来る様に」と、私は指導する上で心がけています。
腕が耳まで上がらない、腰が痛くて45度になれない、手の平が平らにならない等々
人それぞれです。
無理をせず、自分が出来る範囲で、呼吸を意識して基本動作を行うようにと
指導では心がけています。
基本動作(スポーツ吹矢式呼吸法)を正しく行ってこそ、健康効果が高まると言われています。
楽しく、元気にみんなでスポーツ吹矢を続けていきたいです。
やよい支部は元気です。
楽しいです。
私は、大好きです!!

東広島やよい支部 宇吹 悦子

「アッ、これだ!!」
NHK TVで初めてスポーツ吹矢を見た時の興奮、今でも思い出します。
すぐにネットで検索して、東広島やよい支部の宇吹支部長に電話。
2014年4月に体験後、即入会しました。

東広島やよい支部は、皆明るく楽しい雰囲気での練習。
吹矢の仲間がたくさん出来て、支部の忘年会、大会後の打ち上げカラオケ会でも
すごく盛り上がり、楽しさを満喫してます。
矢が的に当たった時の爽快感は、ストレスなんか吹っ飛ばしてくれます。
東広島やよい支部主催の東広島オープン大会をはじめとして、県内各地、中四国等の
大会にも積極的に参加してます。
いつの日か表彰台に上がることを目標に、日々練習に励んでいます。
大会後に行われる懇親会では、他府県の方々と吹矢談議で盛り上がり、すごく楽しい。

今年で6年目に入り、4月には五段位試験に合格。
試験では手が震えて中々矢が筒に入りません。
的に向かい基本動作を意識して、呼吸を集中させていくと震えが止まり、
吹くことができました。
まだ得点が安定しないので、一矢、一矢なぜこうなった、どうすれば? 、
次は・・・してみようと、日々課題を探りながら練習に励んでいます。

2年前のことです。
①正しい基本動作を身に着ける
②基本動作を身に着けて指導できるようになる
③自身の得点力を高める
という3つの目標のもとに創られた、スポーツ吹矢練成会「虎の穴」に入会して、
毎週1回の「虎の穴」での練習にも励んでいます。
今年3月の東広島オープン大会では、「虎の穴」メンバー全員で基本動作の模範演技
をさせていただきました。
「虎の穴」では学ぶこと、得ることがたくさんあります。
「虎の穴」の仲間からは、たくさんの刺激をもらっています。
今後は、
・技術・精神面のより一層の向上を目指します
・参加できる大会には、積極的に参加します
・生涯スポーツとして、身体が動く限り吹矢を続けていきたいです
ホント、ほんと、本当にスポーツ吹矢は楽しい!!

東広島やよい支部 宮本 修二

活動の記録

一覧