広島県スポーツ吹矢協会

私とスポーツ吹矢

【私とスポーツ吹矢】安芸つばき支部 平谷 純三 2018年2月20日

約10年前、私が喘息を患っていたときにテレビでスポーツ吹矢を知りました。当時、呉市本通二丁目にスポーツ吹矢の支部があることを知り、体験する機会に基本動作(呼吸法)を教わり自宅で当分の間やっておりました。その後病院の処方薬で普段と変わらない生活が送れるようになり、基本動作のことはすっかり忘れておりました。
私が仕事を定年になってからはボランティア活動をしておりましたが、その組織が解散となったため、今度は何をしようか探していたところ、妻からスポーツ吹矢はどうかと勧められました。ネット検索で調べてみて安芸つばき支部があることを知り、さっそく小笠原支部長へ電話してスポーツ吹矢について教わるなどして、平成29年1月28日に入会したのです。
安芸つばき支部の同好会で練習を続けながら、11月25日にあった第1回広島市スポーツ吹矢大会に参加し、運よく優勝することができました。支部のメンバーの方々から祝勝会まで開いていただき、今まで何の取り柄の無かった私の人生にとって忘れることのできない感動を覚えました。支部長や諸先輩から、吹矢は同じ場所へ、集中して、同じリズムで、気合で吹くことを教わり、そのことを肝に銘じて練習したおかげで優勝できたのだと思います。
これからも継続して練習を続け、多くのスポーツ吹矢の大会に参加して、さらに昇段試験にも挑戦していきたいと思っています。
妻の助言もあり、縁あってスポーツ吹矢に出会えました。これからの私にとって楽しみができ、目標ができ、生きがいができて、本当にありがたいと思っています。

安芸つばき支部 平谷 純三

活動の記録

一覧