広島県スポーツ吹矢協会

私とスポーツ吹矢

【私とスポーツ吹矢】広島みすず支部 2017年12月1日

0.1㎜と1mとの苦戦の練習
 
私のスポーツ吹矢との出会いは、体験会案内の謳い文句に「楽しみながら脳の老化防止…」とあり、日頃運動不足でしたので“面白いかも”と軽いノリで始めました。開始後は順調に8m迄進めたので、“吹矢は何と簡単なものか”と内心驕った気持ちで気楽に会員方と練習を楽しんでいました。ところが、9mを前に少し体調を崩したことも重なり、大半が1点や0点の状況が1年半も続き、無明の闇の中でのストレス状態で楽しめない日々の連続でした。8mから9mへの僅か1mの違いを痛感させられました。それ以降、腹式呼吸の方法を再確認し、筒をジョイント式から一本式に変えたり、矢の径を12.95㎜から12.85㎜迄の僅か0.1㎜の間で切替えたり、先輩方のアドバイスに随って練習を重ねた結果、やっと念願の10mへの挑戦権を得ることができました。
未だ成績は安定しませんが諦めずに続けて良かったと喜んでいます。今後もスポーツ吹矢を続けることで、会員方から色々なケースのご指導を受け成績も上げ、健康維持と多くの方々との親睦を図りたいと思っています。

広島みすず支部  國安 貞夫

スポーツ吹矢 國安貞夫 練習メモ筆者の練習メモ

活動の記録

一覧