広島県スポーツ吹矢協会

話題のコーナー

【私とスポーツ吹矢】尾道支部  2017年11月1日

これなら一番になることができそうだ!と直感したインドアスポーツです。

身体を動かすことを苦にしない我が身は、生まれた時から60数年一番を獲ったことが有りませんでした。

次男坊は、生まれた時から二番目の宿命ではありました。小学校に上がるときは、教科書も着るものも長兄のお下がりを譲り受けまして、運動会の徒競走も2番着が最良の成績でありました。

しかし、学業に関しまして、次男坊はメリットもありました。長兄が教科書の中に赤鉛筆で引いたライン上の文言は、私のペーパーテストにもそのまま出題されるケースがしばしばありまして、机に張り付いての勉強をした記憶はそんなに沢山は無いものでありました。

運動につきましては、走り、飛び、投げ、いずれの動きも長兄を上回ることができずに過ごしています。

そんな半世紀を過ごしまして、偶然『スポーツ吹矢』に出逢いました。

腹式呼吸を意識しまして、身体のチカラをぬき、眼は的に集中させ、廻りの音が聞こえない状態に至りますと、7点に矢が突き刺さるのであります。

これは、ゴルフでバーディーパットを決めた時より快感であります。

ゴルフでは、トロフィーを貰った事がありませんが、スポーツ吹矢では2本のトロフィーが我が家の玄関に飾ることができました。1番は気持ちが良いですね!!

尾道支部  安田 卓己

活動の記録

一覧