広島県スポーツ吹矢協会

今月の支部特集

広島西支部の紹介 2017年8月1日

当支部は平成24年10月に広島中央支部より独立し、広島市で2番目の支部として発足しました。

広島市の西地区にスポーツ吹矢の輪を広げようと西区、佐伯区、廿日市市から練習に通っていた数名で支部を設立する事になり、練習会場の確保に奔走し、五日市公民館を拠点に活動を開始しました。
半年分の会費を先払いして練習用具を揃えるなど、当初は運営費にも事欠く状態で、何とか会員数を増やさなければとの思いから地元メディアを通してPRにつとめると共に、広島中央支部の応援を得て体験会を開催しました。

その甲斐あって、スタート時は5名であった会員数も徐々に増え五日市公民館も手狭になって来たため、翌25年には廿日市、更には宮島、美鈴が丘と活動範囲を広げて行き、非協会員を含めると一時期は50名近くになりました。

そこで、昨年1月に広島みすず支部、今年の4月には広島五日市支部、広島宮島支部が分離独立して、各地域に根ざした普及活動を効率的に展開して行く事にしました。

現在は廿日市(大野)、五日市(河内)の2カ所で会員18名が競技会への参加、昇段・昇級試験への挑戦等それぞれ目標を持ち、楽しく、熱心に練習をしています。

練習日は、大野市民センターが 第2・第4日曜日の2日と不定期1日の月3回
河内公民館が 第2・第4土曜日の月2回となっています。

初心者には基本動作から丁寧に指導しますので、ぜひ一度、体験にお越し下さい。

■練習会場 河内

■練習会場 大野

活動の記録

一覧