広島県スポーツ吹矢協会

今月の支部特集

広島みすず支部の紹介 2016年11月9日

美鈴が丘は、広島市中心部から西へ約8km・鈴が峰の北に広がる昭和50年代に造成された団地です。世帯数3,600戸・1万人住んでいます。
美鈴が丘の公民館で平成26年5月に、西支部4番目の同好会として発足しました。
当初は会員10名でしたが、1年たった時バタバタと入会され現在16名(男性11名・女性5名)です。
練習時間を2時間から3時間に延長、月の練習日を2日から3日に増加と対処してきました。
平成28年1月に「広島みすず支部」として認定していただきました。

※支部の特色は?
大きな目標は掲げていませんが反面縛りも少ないです。
入会されて退会されたのは、亡くなられた方1名・親の介護のため1名と、少ないのが自慢です。
その中でも27年県大会10mで桑原優勝、28年県大会女子6mで古市さん優勝と実績を上げています。
さらにスーパーマン登場!斎藤さん28年県大会8mで3位です。10mも8mも変わらない、早く10mで吹きたいそうです。
斎藤さんは、百名山登頂を目指されています。先日ザックを持ってびっくり、なんと20kg!トレーニングで持ち歩いているそうです。
スポーツ吹矢で活動できる縁を持ち、第二の人生の一部をご一緒に楽しく過ごしてみませんか。

misuzu

活動の記録

一覧