広島県スポーツ吹矢協会

今月の支部特集

北広島支部の紹介 2016年11月9日

わが支部は、山県郡北広島町のそばの里で有名な豊平地区で、活動しています。
この度、北広島町支部を立ち上げ、献身的な活動をされて来られた 上田 眞文さんが退任され、未熟な私が新支部長となりました。
私の地区で吹き矢をしているのが一人でしたので、女性会の方々に「吹き矢をしてみませんか?」と呼びかけ6名からスタートしました。名前はそばの里に委ね「フキフキそばぁず」としました。

まず 個人で吹き矢に必要な用具を購入していただき、的台や吹き矢立ては、会員のパートナーさんがすばらしいのを作ってくださいました。
温かい支援に感謝しています。

活動は、地区の「阿坂老人憩の家」で毎週火曜日の午後7時半から9時までです。
練習は、試合の時と同じように審判が一人ずつ付き3Rを2回、交替で行っています。

6月には県の宇吹会長さんが、私が新支部長になるということで、面接に来られました。その際、丁度練習日でしたので会員にも基本動作の指導等をしてくださり、今では全員以前より良くなり喜んでいます。

北広島支部は、支部員が18名で私を含め7名が段を収得しています。呼吸法や基本動作を大切にしながら、出来れば段認定に向けて皆で頑張って欲しいと思います。

活動の記録

一覧