広島県スポーツ吹矢協会

今月の支部特集

尾道支部の紹介 2016年10月11日

毎週水曜日の午後6時30分から午後9時までの時間帯は、私たち尾道支部のメンバーが尾道人権センターに集います。

練習では、8基の“的”を並べます。まず8人のメンバーは、それぞれの段位(級)の吹き位置に立ちまして、一斉に『用意!始め!』の合図を待ちまして吹き始めます。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

『30秒前』、『終了』の合図があるまで自分のレーンで3分間“的”に向かいまして集中します。 これは、練習に試合形式の一部を取り入れたものです。

練習の後半は、1チーム4、5人で4チームから5チームの対抗戦です。

この団体戦の“的”は、1から9の数字がはめ込まれました数字板を用います。この数字を打ち抜き、合計得点を争うゲームであります。これには最高得点チームのメンバーに賞品が与えられます。加えまして各ラウンドですべての数字を打ち抜いたメンバーには、パーフェクト賞があります。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

年に2回“尾道支部長杯”争奪戦が行われます。優勝者には、持ち回りの立派なトロフィーが準備されています。

広島県下で一番早く発足しました“尾道支部”のチームカラーは、“青”、ユニホームの背中には“おのみち”の白文字です。眼に留めて頂きましたらお声がけください。

活動の記録

一覧